内堀泰宏氏(クロスフィット)にとってのHigh Performanceとは

更新日:2020年11月17日

アスリートにとってのハイパフォーマンスとは。第4回目の今回は、クロスフィットコーチ/コンペティターの内堀泰宏氏にお話しを伺いました。


内堀泰宏

Yashuhiro Uchibori

CrossFit Motomachi Bay Head Coach

CrossFit Level2 Trainer

2020 CrossFit Japan Open優勝


トレーニング、クロスフィットとの出会い

男3人兄弟の三男坊として育ち、兄たちに負けんと追っかけ、高校からラグビーを始めました。ラグビーは大学まで続け、その中でチームや個人で取り組んだトレーニングがストレングス&コンディショニングとの出会いでした。


そこでストレングス&コンディショニングに魅了され、日本の大学を卒業後はアメリカネブラスカ州の大学で、エクササイズサイエンス専攻としてトレーニングの知識を深めました。最初の2、3年は解剖学や生理学などの基礎を学びながら、学内のアメリカンフットボールやバレーボールなどの部活動をインターンシップとしてサポートする経験を積み、その時の活動が評価され、その後学外にも活動の場を広げていけました。


その中であるクロスフィットジムのクラスに参加したことがクロスフィットとの出会いでした。そこでクロスフィットの魅力にはまり、インターンシップとして活動を始め、大学を卒業後も、そのままパーソナルトレーナーとして米国に留まり、計5年半を過ごしました。


帰国後は、一度国内のクロスフィットジムでトレーナーとして働きましたが、今度はワーキングホリデイを利用し、オーストラリアでクロスフィットコーチ、パーソナルトレーナーとして活動しました。オーストラリアからの帰国は、横浜で新設したクロスフィットジムCrossFit Motomachi Bayに勤務し、現在はヘッドコーチとして活動しています。


クロスフィットコンペティターとして

クロスフィット始めた当初は単にトレーニングを楽しんでいましたが、ジムの仲間に勧められて、大会に出場したところ、初めての大会で3位になることができ、賞金も貰えたことでより一層楽しくなりました。


単にトレーニングを継続することも楽しいですが、やはり取り組んだ成果を評価してもらえることはモチベーションにつながりました。米国はクロスフィットのレベルも非常に高く、帰国後それを実感する程、様々な数値が如実に高くなって現れました。


クロスフィットは、やはりそのトレーニング負荷の高さと激しさ、それを乗り越えた時の達成感、そしてその達成感を仲間で励まし合うコミュニティの一体感が魅力だと思います。


クロスフィットにおけるハイパフォーマンス

ハイパフォーマンスという言葉は、クロスフィットでは競技としてのパフォーマンスとして使うことが多いですが、私自身は競技だけでなく、日常生活でのパフォーマンスを高めることも含めて捉えています。